chime (チャイム) と cymbal (シンバル) の関係 【辞書プロジェクト#37】 chime – chop

Kui です。

英英辞典 Longman Pocket English Dictionary の読破を目指すプロジェクト 37 回目の記録です。

この記事では、個人的に英語学習の一環として始めた「辞書を全部端から端まで読んでみよう」ということを続けているというもので、その過程で気になった単語や調べて勉強になったことを、メモしているものです。

英語に興味があってお時間のある方、宝探しのつもりでご一読いただけたらと思います。中には、ためになる情報が混ざっているかもしれません。

chill

  • 冷やす(動詞)
  • 冷たさ、寒気(名詞)

チルド食品の「チルド」はこの単語のことです。(chilled)

冷蔵保存されたパックのお弁当などのことですよね。

chill は「冷やす」こと、あるいは「冷たさ」といった意味があります。

chill the soup slightly before serving
お出しする前に少しスープを冷ます。

They were chilled by a sudden wind.
彼らは急に風が吹いたので、寒く感じた。

Does anyone else feel a chill in here?
誰か他にここが寒いって人はいる?

派生語の chilly もまとめて覚えておきます。

It’s a bit chilly today.
今日はちょっと寒いわね。

また、これはスラングですが、chill (out) は「くつろぐ、楽にする」というような意味があります。

chime

学校の「チャイム」もこの単語のことですが、

chime は「鐘」を意味します。

語源を見てみると面白いです。

chime は シンバル(cymbal) と関係が深いようなのです。

cymbal という単語がなぜか次のように分解して解釈されたことによって、

chime が「鐘」の意味になったという説があるのです。

cym + bal

これが

chime + bell (鐘を鳴らす)

と解釈されて、

前半の chime がなぜか bell に引きずられる形で「鐘」という意味になったようなのです。

china

China というふうに頭文字を大文字にしたら、それは中国のことでしょうが、

一般名詞として china という単語があります。

これは「磁器」という意味です。

中国が原産だったのでしょう。

chirp

小鳥や虫が短く「チッ、チッ」と鳴くことを意味する単語です。

Sparrows are chirping in th garden.
すずめが庭でさえずっている。

ちっちゃな子供が「キャッ、キャッ」と楽しそうに話している様子にも使われるようです。

chisel

これはなんでしょうか?

以下は、辞書の語釈の引用です。

a metal tool with a charp end, used for cutting and shaping wood or stone.
先のとがった金属製の道具で、木材や石材を切ったり成形したりするのに使われる。

これは日本語では「のみ(鑿)」と言われるものに近い道具になります。

choir

これは発音に注意です。

「クワイア」みたいな音です。

意味は、「聖歌隊、合唱団」です。

あまりなじみがないのでメモしておきます。

chop

空手チョップの動きをイメージしてみてください。

あれは、振り下ろす腕を刃物に見立てていると思ってください。

chop は「ぶった切る」というような意味になります。

またぶった切られた一片の「肉」のことも chop といいます。


本日はここまでです。 🙂