clink, clank, clang 【辞書プロジェクト#41】 clairvoyant – clash

Kui です。

英英辞典 Longman Pocket English Dictionary の読破を目指すプロジェクト 41 回目の記録です。

この記事では、個人的に英語学習の一環として始めた「辞書を全部端から端まで読んでみよう」ということを続けているというもので、その過程で気になった単語や調べて勉強になったことを、メモしているものです。

英語に興味があってお時間のある方、宝探しのつもりでご一読いただけたらと思います。中には、ためになる情報が混ざっているかもしれません。

clairvoyant

  • 未来を予知できると主張する人

語源は以下の通り。

  • clair は ‘clear’
  • voyant は ‘seeing’

すなわち、未来や物事を見透かすことができるという意味。

clamber

  • 困難を乗り越えること、自分の手と足で

climb の兄弟のような単語です。

clammy

  • 湿っていて粘着性があって、不快な感じ

汗のイメージ。

clammy hands 湿っぽい手

clamour

  • 大声で何かを要求する

アメリカ英語式には clamor という綴りです。

claim が ‘call out’ なのに対して

clamour は ‘cry out’ です。

clamp

  • 動かないようにしっかりと hold する
  • 違法駐車している車のタイヤに、留め具をかけること

clamp one’s lips
口を結ぶ

His car has clamped again.
彼の車、また留められてるよ。

clamp down on something

  • あることを止めさせるように、とても厳しくする

The government has clamped down on the copyright piracy.
政府は厳しく著作権侵害を取り締まっている。

clang

  • 金属が当たる音

この単語のおもしろいのは、次のように音の大きさが左から右へ大きいことを表している点です。

clink < clank < clang

There was a clang as she dropped the tools.
彼女が道具を落とした時に何かカランという音がした。

clap

  • 両手を叩いて音を出すこと、普通何か気に入ったことに対して行う

clarify

  • くわしく説明してわかりやすくする

clarify one’s position
立場や見解を明確に示す

clarinet

  • 長くて黒い木管楽器で、吹いて演奏するもの (クラリネット)

楽器を説明するためのテンプレとして使えそうですね。

  • 見た目(長くて黒い、管の形)
  • 材質(木製)
  • 鳴らし方(吹く)

clash (動詞)

  • 対立・反対する
  • (色について) 組み合わせが悪く見える
  • 同時に起こる (時間がぶつかる)

それぞれの例文。

Our interests clash with yours.
利害が衝突する

The red shirt clash with that green shoes.
赤いシャツはその緑色の靴には合わないよ。

The two lectures clash.
2つの講義がかぶっとる。

clash (名詞)

  • 対立・反対
  • 金属が当たる大きな音

本日はここまでです。 🙂