charge は「荷車」をイメージする【辞書プロジェクト#32】 character – charismatic

Kui です。

英英辞典 Longman Pocket English Dictionary の読破を目指すプロジェクト 32 回目の記録です。

character

「人や物の特徴・特性」です。

語源はラテン語の caractere

これは ‘stamping tool’ と書かれていました。おそらく押印する何かの道具だと思います。

ここから「特徴的なしるし」のイメージが広がって

人の個性や、人でなくとも物事の特徴などを表すことばになったようです。

charcoal

辞書の語釈を和訳してみますと、

「燃やした木材で作られた黒い物質で、燃料や絵描きに使うもの」

だそうです。

日本語で一言でいうなれば「炭(木炭)」ですね。

色で「チャコール」というのは、炭の色から来ているということでしょうか。

charcoal gray などという言い方もあります。

charge

辞書には以下の3つの意味が載っています。

  • 支払いを請求する
  • 非難する
  • 走る

上2つは、人に「何かを負わせる」イメージ。

最後の意味は、全然違う感じがすると思いますが、

語源を調べて少し納得です。

charge は ラテン語の carrus という言葉から来ているようで、

これは「荷車」という意味だったそうです。

荷車から2つのイメージが浮かびます。

1つは「荷物を積み上げていく」イメージ。

支払いの請求や、非難というのは、先にも述べましたが

人に何かを背負わせるということです。

これが荷物を積み上げるイメージとリンクしています。

そして荷車のもう1つのイメージは「走る」です。

荷車が走るイメージ。これがそのまま charge の「走る」という意味につながりました。

フレーズ集

free of charge 無料で

in charge of ~ ~の責任/責務

press charge 告発する

charisma, charismatic

これはアクセントのメモです。

ズマ

カリズティック

です。


本日はここまでです 🙂